ブーログ › トップ
2018年09月26日
掬水月在手
(みずをすくえばつきはてにあり)

掬いとった掌の
わずかな水の面に
月が美しく
照り輝いている様子







酷暑であった夏も終わり
季節も少しずつ
秋となり
落ち着いた季節になり
こんな事にも気づく
好時節になりましたね
  


「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 20:10 │住職日記
2018年06月14日







一切衆生(いっさいしゅじょう)
悉有仏性(しつうぶっしょう)

生きとし生けるものはすべて
生まれながらにして仏となりうる
素質をもつということ。






現在
境内地にある蓮池には
役員さまの管理によって
蓮の花が
きれいな花を咲きはじめています
沼地の泥の中に咲くにもかかわらず
可憐であることなどから、
清廉さの象徴的な
植物でもあります
花言葉は
清らかな心
こんなきれいな心の花を
咲かせてみては・・


  


「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 15:22 │住職日記
2018年04月03日




4月1日
年中行事であります
お寺をお守りいただいている
鎮守様の大祭を
おこないました



  


「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 18:51 │住職日記
2018年01月20日



昨年、上野動物園で生まれた
パンダのシャンシャン
生後50日のころは
白と黒毛色だったシャンシャン。
しかし生後60日を過ぎた辺りから
徐々に白い部分に色がつき始め
生後80日を迎えるころには
全体的に赤みを帯びるようになった
比べると一目瞭然。
その理由は
「お母さんが赤ちゃんをなめてケアをする為
それによって赤く(ピンク色)なるらしい」
なんと、専門家によると
お母さんパンダがなめたことで
赤くなった可能性があるらしい。
母さんパンダは、
赤ちゃんの排泄を促したり
清潔さを保つために
1日に何度も何度も体をなめ
その唾液の色が付着して赤く見え
この行為は生後1年ほど
続く可能性があるという。
お母さんになめてもらうシャンシャン
赤ちゃんパンダの赤い色は
母の深い愛情の証だったのだ。
実に感動的なお話。

しかし、私たち人間は
我が子を
なめるまでの愛情を
与えているのであろうか?
人間社会にとって
愛情の証とはなんだろうか?
少しはお母さんパンダを
見本にしなくては‥。
禅語の中に慈愛とあるが
親が子供をいつくしみ、
かわいがらないようでは・・
この世の宝はどうなるのだろうか・・。

あらためて
家族について
考えてみたいもの・・

  


「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 19:55 │住職日記
2017年12月18日
当寺では
一年間を通して以下の行事を行なっています。
どなたでも見学いただけます。

※写真を押すと拡大出来ます。

1月7日 9:30~
大般若祈祷会



2月15日
釈尊涅槃会



3月4日 第1日曜日 10:00~
檀徒総会



4月1日 第1日曜日 10:00~
鎮守様大祭 釈尊降誕会(花まつり)



7月1日~7月3日まで(3日間) 毎夜20:00~
夜施食会供養(ヨセガキ)・子供坐禅会



7月15日 20:00~
精霊送り(七月盆)



8月4日 9:00~
大施食会(セガキ)
leftleft

8月15日 20:00~
精霊送り(八月盆)



12月31日 23:45頃~
除夜の鐘


  


「行事案内」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 09:56 │行事案内
2017年11月22日
二十四節気のひとつ
小雪(しょうせつ)
11月22日から12月6日頃を指し
雨から雪に変わる頃であり
北国では
雪がちらほら降る頃
今年は
例年より
雪のたよりが
早いかも・・・

  


「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 19:45 │住職日記
2017年10月26日
『清風萬里秋』
(せいふうばんりのあき)





富士山では
先月23日に
初冠雪が観測。
平年より23日遅く
観測開始以来
最も遅かった去年と
比べて3日早かったとか
最近、朝晩が寒い程ですが
今日は、久しぶりに
よい天気となり
すがすがしいものです

この禅語は
秋がいたるところに訪れて、
すがすがしい風が
吹きわたっているようす。
それはあたかも、
悟りを開いた瞬間。
澄み切った秋空のように
目の前が開けることの意味








  


「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 15:36 │住職日記
2017年09月28日
風光日々新(ふうこうひびあらた)

本日、北海道 
大雪山では
初冠雪だとか・・・
台風の被害もあれば
初雪の処もあり
「風光日々新」とは
大自然の風景は、
日々に新たな変化が
あるという意味

  


「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 17:54 │住職日記
2017年09月01日
.今日より9月(長月)
秋の虫も泣き
朝晩、少しずつ
すごしやすくなったような・・・

この句は
澄み切った空に
皎々こうこうと
一輪の月が白く輝き
どこからともなく
一陣の清風が吹き渡って
木々の葉を鳴らします
くさむらからは虫の鳴き声
秋だなあと感じる
この清涼極まりない風景を
「月白く風清し」と
簡単明瞭に頌したわけです
しかし、ただ単に自然の美しさを
表現しただけではなく
この句の中に人としての
生き方を見なければなりません
私たちは何かというと、
世のさまざまな欲にとらわれ、
自分自身にもとらわれてしまいます
これらの執着を一切断ち切って
その清々しさを
「月白く風清し・・」と頌したのです。
月の光がそのまま
静かな池に
そのまま映しだすかのように・・
  


「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 15:54 │住職日記
2017年08月16日
精霊送り 
八月十五日厳修












たくさんの方に
見守れてお帰りになりました







ただいま修行中⁉








無事にお帰りになりますように








  


「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 16:25 │住職日記