ブーログ › トップ  › 住職日記 › 月清千古秋
2020年10月08日
「月清千古秋」
「つききよし せんこの あき」

意味は
この世は
コロナ禍ではあるが
清い月の光景は
今も昔も変わる事がなく
悠久の時を感じさせる
鮮やかな名月と秋の光景を
表現している



同じカテゴリー(住職日記)の記事画像
立夏
令和4年幕開け
除夜の鐘
蓮の花、みごろ
今、安心できる場所?
薫風
同じカテゴリー(住職日記)の記事
 立夏 (2022-05-18 16:35)
 梅花莟有香 (2022-02-14 06:16)
 令和4年幕開け (2021-12-31 20:39)
 除夜の鐘 (2021-12-16 16:19)
 臘月 (2021-12-02 06:11)
 昨夜一声雁 清風万里秋 (2021-09-26 18:13)

「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 12:22 │住職日記

削除
月清千古秋