ブーログ › トップ  › 住職日記 › 花閑鳥自啼
2016年03月02日

花閑鳥自啼


花閑鳥自啼 
「はな静かに鳥おのずから啼く」
 
満開の花は
ひっそりとしている
鳥の鳴き声も却って
その静けさを
際だたせるようだ 
華やぎの中の静寂
そして調和が取れた
世界の意味


花閑鳥自啼



当山十七世であられた
恵定大和尚の
植えられた梅
幼少の頃は
境内地いっぱいに
柿と梅とあったものも
今となっては
僅かとなりましたが
例年、美しく花を咲かせ
春を知らせてくれます
その梅の枝に、鳥の姿をみると
幸せを感じる
しかし、世の中は
本当に、静寂であり
人々は幸せなのか?
改めて感じる・・





同じカテゴリー(住職日記)の記事画像
山門大施食会
坐禅会開催
初夏のおしらせ
花雪和香
謹賀新年
除夜の鐘
同じカテゴリー(住職日記)の記事
 山門大施食会 (2019-08-05 22:56)
 坐禅会開催 (2019-07-09 10:19)
 初夏のおしらせ (2019-06-19 21:31)
 花雪和香 (2019-01-19 12:10)
 謹賀新年 (2018-12-31 23:01)
 除夜の鐘 (2018-12-26 05:56)

「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 12:58 │住職日記