ブーログ › トップ › 

住職日記

2021年02月20日
梅花莟有香
ばいかつぼみかおりあり



境内地に
梅の花が咲き始め
ふくらみつつある
梅の香りが周囲に
芳香をただよい始めています
その香りは
草木や生物を目覚めさせ
私たちに春を運んでくれる
厳しい冬を乗り越えてこそ
その芳香にめぐりあえた喜びがある。
このことは
厳しい長い修業の末に
悟りを得ることに
しばしばたとえられる
厳冬のような修業を
乗り越えてこそ
梅の芳香のような
すばらしい悟りは
得られないと
うたわれている
  


Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 14:26 │住職日記
2021年02月08日
2月15日は
「涅槃会」ねはんえ
お釈迦様が
お亡くなりになった日
「涅槃会」といいます。
お悟りを開かれたお釈迦さまは
その後、
45年にもわたり
人びとに教えを説く
旅を続けられました。
その間、多くの人びとが
お釈迦さまの教えに導かれ
お弟子や信者となっていきました。
その伝道の旅の
最期の地となったのは
クシナガラという所でした。
いよいよ自分の死が近いことを察した
お釈迦さまは
弟子たちにこう説かれました。
「私の亡きあとは、私ではなく
自分自身をより所として、
また私が伝えた教えを
闇を照らすともしびとして
歩んでゆきなさい」
お釈迦さまは個人崇拝の
対象となることを否定され
弟子一人ひとりが確かに
自立して進むことを求めたのでした。
そして
「もろもろの存在は変わりゆく。
怠らず精進しなさい。」という
最期の言葉を残し
静かに息をひきとったのでした。
お釈迦さまのご命日である
涅槃会の日には
瑞雲寺ではお釈迦さまの
最期の様子を描いた
「涅槃図」をかけて
そのご遺徳をしのびます。

  


Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 08:41 │住職日記
2021年01月21日




節分は「立春」の
前日にあたりますが
立春は暦の上で
春が始まる季節のこと。
つまり、
節分は冬の終わりの日で
翌日から新しい季節が
始まる区切りの
日となるわけです。
そのため、邪気や
悪いものを落として
新しい年に幸運を
呼び込むことを目的とし
豆をまいて厄を払い
病気などの厄災を追い払い
みんなが健康で幸せに
過ごせるように願って
悪いものを追い出す日
その習慣が
現代でも続いています。

  


Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 19:06 │住職日記
2021年01月01日
新年あけまして
おめでとうございます  


Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 07:31 │住職日記
2020年12月23日






本年の除夜の鐘は
予定通り
12月31日(大晦日)
午後11時45分より
行います

コロナ禍の為
おしるこのお接待は
中止させていただきます。

除夜の鐘には
厳しい修行を積んでいない
我々において
心の乱れや汚れを祓う力が
あるという信仰が
現在まで伝わり
除夜の鐘の儀式となって続いています。
だから、普通の日ではなく、
除夜、つまり大晦日に
鐘を打つとされています。









  


Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 12:18 │住職日記
2020年12月15日
本日、得度式を修行しました

得度」とは
正式な作法を通して、
僧侶に相応しい姿
となることによって
仏のみ教えを信じ、
仏の徳を身に具えることを
意味します。
「得度」を受ける方を
「発心の人」と呼びます。
これは、「仏道への志」を
発した人の呼称であり
念願叶って得度される方の
気持ちを汲んだ表現です。






「得度式」とは
師匠(受業師・じゅごうし)によって
髪を剃り落としていただき、
衣(ころも)、袈裟(けさ)、坐具、
応量器(食器、鉢盂・ほう)などの、
僧侶が僧侶として
生きていくために必要な
最低限のものをいただきます。






そして、更にお釈迦さま以来、
歴代の祖師たちが
ひとえに伝えてきた
「戒法」と「血脈」とを受けて
正式に僧侶の
仲間入りをするのです。





曹洞宗では特に
道元禅師や瑩山禅師が
撰述された
『出家略作法』を重んじて
儀式を行っています。


         令和2年12月13日


  


Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 21:51 │住職日記
2020年10月08日
「月清千古秋」
「つききよし せんこの あき」

意味は
この世は
コロナ禍ではあるが
清い月の光景は
今も昔も変わる事がなく
悠久の時を感じさせる
鮮やかな名月と秋の光景を
表現している

  


Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 12:22 │住職日記
2020年06月20日




蓮の花言葉には
「清らかな心」「神聖」
などがあります




「清らかな心」
ハスが泥水の中から生じて
気高く清らかな花を
咲かせることに由来し
蓮には清らかなイメージが
持たれています。

「神聖」
極楽浄土へ往生した際に
生まれる場所が蓮の花と
されています










仏教では
泥水の中から生じ
清浄な美しい花を
咲かせるハスの姿が
仏の智慧や慈悲の象徴とされ
よい行いをした者は
死後に極楽浄土に往生し
同じハスの花の上に
身を託し生まれ変わるという
思想もあります。
これは「一蓮托生※」
という言葉の語源になっています。
※一蓮托生には
「死後に極楽の同じ蓮華の上に生まれること」
「結果はどうなろうと行動や運命をともにすること」
という意味があります。
  


Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 10:59 │住職日記
2020年05月28日




今年も保存会の
皆様のおかげで
蓮の花の
芽が出始めたました



  


Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 20:17 │住職日記
2020年04月18日
眼横鼻直
[がんのうびちょく」

眼は横に並び
鼻は縦にまっすぐについている
ありのままのことを
ありのままに見て
ありのままに受け止めること。

人は病気になってはじめて
健康のありがたさが
わかると言われます
そうして
健康であった過去の自分を思い
病気である現在の自分を嘆く
いま、病気であれば
ありのままのその
自分を受け容れる
生きていくのは
その自分しかないのですから
そうしたらいいのでは、、、
人生をちゃんと紡ぐとは
そういうことです

  


Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 18:45 │住職日記
2020年02月19日
禅語の中に

春色無高下 
しゅんしょくこうげなく
花枝自短長
かしおのずからたんちょう

             とあります

さまざまな花に
同じように
春が近づいています
しかし、その枝には
短いものもあれば
長いものもあります
平等と区別が調和した世界の意
つまり、男女平等と言っても
体のしくみや体力などの点では
差があります
おたがいにその差を認めたうえでの
平等でなければ
世の中おかしなことになる
親子、教師と生徒。上司と部下・・・
といった関係も同じ。
それぞれが立場をわきまえて
接するところに、調和が生まれるのです
「親しき仲にも礼儀あり」
が大切です
  


Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 18:13 │住職日記
2020年01月11日




境内地にが蝋梅咲きました
花ことばは「慈愛」
仏教語でもあります
意味としては
親が子をいつくしむような
深い愛情を意味します
寒い冬、
心にやさしく
寄り添ってくれるような花で
よい香りであることから
そんな花言葉に
なったのかもしれません
まだまだ寒いけれど
年が明けて
春が近くに
やってきそうな気がします
よい香りにときめきながら
たくさんの植物が
芽吹く季節を待ちましょう



  


Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 12:09 │住職日記
2019年12月31日
謹賀新年


皆様のご健勝とご多幸をお祈りいたします
本年もよろしくお願い申し上げます  


Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 19:20 │住職日記
2019年12月24日




除夜の鐘は
予定通り
12月31日
23時45分より

どなた様でも
ご自由に打てます
揃っておこし下さいませ




  


Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 17:42 │住職日記
2019年10月09日






一週間ほど前に
桜が開花しました
四季桜ではないはじなのに・・・
数年前にも
秋頃につつじか
開花した年がありましたが
なぜだろう・・
気温のせいだろうか?

  


Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 09:09 │住職日記
2019年08月21日





チリチリとした花びらが
炎天下で縮れている
ようにみえます。
たくましく咲く真夏の花です。







猛暑ではなく酷暑
といわれる夏
あつい!あつい!が口癖
でも、百日紅を
見ていると
力強さを感じる  


Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 12:30 │住職日記
2019年08月05日
八月四日 
大施食会






ぼく、ただいま修業中!
ほとけさまの
お水かえ中だよ!





  


Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 22:56 │住職日記
2019年07月09日
子供坐禅会開催


7月1日~3日
午後8時より







  


Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 10:19 │住職日記
2019年06月19日






        





  


Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 21:31 │住職日記
2019年01月19日
花雪和香
ばいかゆきにわしてかんばし







境内地で
黄梅が花を咲かせています
そこで
思い浮かんだ禅語を
紹介させていただきました
この禅語の意味は
雪の中で、梅の花が咲いている。
花は雪で見えない
しかし芳しい香りで
咲いているのがわかる・・・
雪で花は見えないけれど
春は確かに来ている
私たちも
梅の姿を見習いたいもの
寒い冬に耐えて
春になれば
綺麗な花を咲かす姿こそ
人には誰しも仏性がある姿そのもの
日々、精進せねば・・

  


Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 12:10 │住職日記