ブーログ › トップ  › 住職日記 › 梅雨入り
2016年06月08日
「日は昼を照らし 月は夜を照らす」



梅雨入り



私達は、太陽の恵みから
派生する諸々の自然の
恵みを得ている
月も闇夜から解放して
人々に安らぎを
与え続けている
当たり前のことを
あたり前だと
安易に受け流すことなく
当たり前こそ
実はとんでもなく
ありがたいことだと
感謝しなければいけない
当たり前のことを
あたり前だとは安易に
受け流すことなく
当たり前こそ実はとんでもなく
ありがたいことだと思える
そんな思いが出来
感謝できるときこそ


梅雨入り




「日は昼を照らし、月は夜を照らす」の
精神が真にわかるのかもしれない。


同じカテゴリー(住職日記)の記事画像
ぼけた?
さるすべり
山門大施食会
坐禅会開催
初夏のおしらせ
花雪和香
同じカテゴリー(住職日記)の記事
 ぼけた? (2019-10-09 09:09)
 さるすべり (2019-08-21 12:30)
 山門大施食会 (2019-08-05 22:56)
 坐禅会開催 (2019-07-09 10:19)
 初夏のおしらせ (2019-06-19 21:31)
 花雪和香 (2019-01-19 12:10)

「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 13:56 │住職日記