ブーログ › トップ  › 住職日記 › 極楽園
2016年07月23日
境内地にあります
極楽園 (蓮池)には
役員様の懸命なる
管理の中で
今年も,
蓮が咲きました






蓮の花言葉は
「清らかな心」と「休養」であり
「清らかな心」とは泥水を吸い上げながらも
美しい花を咲かせることに由来します。
「休養」とは、午前中に咲いた花が
午後には閉じてしまう様子を表したものです。






ヒンドゥー教の神話や聖典には
泥の中から茎を伸ばして
花を咲かせる蓮の様子が
清らかに生きることの象徴として
たびたび登場します。このイメージは
仏教にも継承されていきます。
仏教では
智清や慈悲の象徴とされ
死後の極楽浄土に
咲く花として親しまれました
そのため、如来像の台座や
仏像を安置する厨子という
仏具の扉に花が彫られています。
このような宗教的背景から
インド、スリランカ、ベトナムでは
国花とされ、今でも多くの人に愛されています。



同じカテゴリー(住職日記)の記事画像
満月
一切衆生 悉有仏性
鎮守様大祭
ピンクのパンダ
清風萬里秋
ご先祖様は、今どこかな?
同じカテゴリー(住職日記)の記事
 満月 (2018-09-26 20:10)
 一切衆生 悉有仏性 (2018-06-14 15:22)
 鎮守様大祭 (2018-04-03 18:51)
 ピンクのパンダ (2018-01-20 19:55)
 小雪 (2017-11-22 19:45)
 清風萬里秋 (2017-10-26 15:36)

「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 16:55 │住職日記