ブーログ › トップ  › 住職日記 › 弄花香満衣
2017年04月14日

【 弄花香満衣 】

(花を弄すれば香衣に満つ)
「はなをろうずれば かおりころもにみつ」


弄花香満衣



待ち望んでいた春になり
今、春真っ盛り
境内地には梅の花がさき
今、桜の花が満開です
この句は
花を摘んでいると、
自分の衣もその香りに包まれ
こころまで花と一体となって、
清々しい境涯に至る。
明るい春の陽ざしの中で
香しい甘い香りを
心から愛おしむような句ですね・・・


弄花香満衣



寒さにじっと耐えていた
冬がやっと終わり雪が解け
小川のせせらぎが聞こえる中で
摘む花の初々しさと香しさ
それを想像するほんわかした
思いに誘いますね・



同じカテゴリー(住職日記)の記事画像
さるすべり
山門大施食会
坐禅会開催
初夏のおしらせ
花雪和香
謹賀新年
同じカテゴリー(住職日記)の記事
 さるすべり (2019-08-21 12:30)
 山門大施食会 (2019-08-05 22:56)
 坐禅会開催 (2019-07-09 10:19)
 初夏のおしらせ (2019-06-19 21:31)
 花雪和香 (2019-01-19 12:10)
 謹賀新年 (2018-12-31 23:01)

「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 07:52 │住職日記