ブーログ › トップ  › 住職日記 › 月白風清 つきしろくかぜきよし
2017年09月01日
.今日より9月(長月)
秋の虫も泣き
朝晩、少しずつ
すごしやすくなったような・・・

この句は
澄み切った空に
皎々こうこうと
一輪の月が白く輝き
どこからともなく
一陣の清風が吹き渡って
木々の葉を鳴らします
くさむらからは虫の鳴き声
秋だなあと感じる
この清涼極まりない風景を
「月白く風清し」と
簡単明瞭に頌したわけです
しかし、ただ単に自然の美しさを
表現しただけではなく
この句の中に人としての
生き方を見なければなりません
私たちは何かというと、
世のさまざまな欲にとらわれ、
自分自身にもとらわれてしまいます
これらの執着を一切断ち切って
その清々しさを
「月白く風清し・・」と頌したのです。
月の光がそのまま
静かな池に
そのまま映しだすかのように・・


同じカテゴリー(住職日記)の記事画像
満月
一切衆生 悉有仏性
鎮守様大祭
ピンクのパンダ
清風萬里秋
ご先祖様は、今どこかな?
同じカテゴリー(住職日記)の記事
 満月 (2018-09-26 20:10)
 一切衆生 悉有仏性 (2018-06-14 15:22)
 鎮守様大祭 (2018-04-03 18:51)
 ピンクのパンダ (2018-01-20 19:55)
 小雪 (2017-11-22 19:45)
 清風萬里秋 (2017-10-26 15:36)

「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 15:54 │住職日記