ブーログ › トップ  › 住職日記 › 慈愛
2020年01月11日
慈愛



境内地にが蝋梅咲きました
花ことばは「慈愛」
仏教語でもあります
意味としては
親が子をいつくしむような
深い愛情を意味します
寒い冬、
心にやさしく
寄り添ってくれるような花で
よい香りであることから
そんな花言葉に
なったのかもしれません
まだまだ寒いけれど
年が明けて
春が近くに
やってきそうな気がします
よい香りにときめきながら
たくさんの植物が
芽吹く季節を待ちましょう





同じカテゴリー(住職日記)の記事画像
梅花莟有香
鬼は外、福は内
除夜の鐘
出家
きよらかな心
蓮華極楽園
同じカテゴリー(住職日記)の記事
 梅花莟有香 (2021-02-20 14:26)
 涅槃会 (2021-02-08 08:41)
 鬼は外、福は内 (2021-01-21 19:06)
 おめでとうございます (2021-01-01 07:31)
 除夜の鐘 (2020-12-23 12:18)
 出家 (2020-12-15 21:51)

「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 12:09 │住職日記