ブーログ › トップ  › 住職日記 › 鬼は外、福は内
2021年01月21日

鬼は外、福は内


節分は「立春」の
前日にあたりますが
立春は暦の上で
春が始まる季節のこと。
つまり、
節分は冬の終わりの日で
翌日から新しい季節が
始まる区切りの
日となるわけです。
そのため、邪気や
悪いものを落として
新しい年に幸運を
呼び込むことを目的とし
豆をまいて厄を払い
病気などの厄災を追い払い
みんなが健康で幸せに
過ごせるように願って
悪いものを追い出す日
その習慣が
現代でも続いています。



同じカテゴリー(住職日記)の記事画像
蓮の花、みごろ
今、安心できる場所?
薫風
梅花莟有香
除夜の鐘
出家
同じカテゴリー(住職日記)の記事
 昨夜一声雁 清風万里秋 (2021-09-26 18:13)
 蓮の花、みごろ (2021-07-23 07:36)
 今、安心できる場所? (2021-06-05 18:23)
 薫風 (2021-05-14 08:20)
 梅花莟有香 (2021-02-20 14:26)
 涅槃会 (2021-02-08 08:41)

「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 19:06 │住職日記

削除
鬼は外、福は内