ブーログ › トップ  › 住職日記 › 梅花莟有香
2022年02月14日
梅花莟有香
ばいかつぼみかおりあり

早咲きの梅の花は
咲きはじめ
芳香をただよい始めました。
その香りは、
草木や生物を目覚めさせ、
私たちにも春の香りを
運んでくれています。
厳しい冬を乗り越え、
その芳香をいただいた
喜びがあります。
このことは、
厳しく長い修業の末に
悟りを得ることに、
しばしばたとえられる。
厳冬のような
修業を乗り越えてこそ、
梅の芳香のような
すばらしい悟りは得られない
とうたわれています。


同じカテゴリー(住職日記)の記事画像
蓮華
立夏
令和4年幕開け
除夜の鐘
蓮の花、みごろ
今、安心できる場所?
同じカテゴリー(住職日記)の記事
 いい夫婦 (2022-11-22 14:25)
 蓮華 (2022-07-28 23:22)
 立夏 (2022-05-18 16:35)
 令和4年幕開け (2021-12-31 20:39)
 除夜の鐘 (2021-12-16 16:19)
 臘月 (2021-12-02 06:11)

「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 06:16 │住職日記

削除
梅花莟有香