ブーログ › トップ
2016年09月15日
「仏道をならふというふは、自己をならふなり」

この言葉は、
道元禅師の言葉の中で
最もよく知られている言葉の一つです。
「仏道をならう」ことは
「自己を究明する」こと。
ここでいう「自己」は本来の自分自身です。
そのためには、「自己を忘れれ」ばいい。
ここの「自己」は、自意識的自我です。
「自己を忘れる」ためには
「万法に証せられれ」ばいい。
「万法に証せられる」ためには
「自己の身心及び他己の身心を脱落させればいい」
ということになります。
と、言っても少し難しい言葉かも知れませんね・・・




さて、19日より彼岸のいりです
例えば
最愛の妻,親友といった
大切な人の気持ちになり
相手が自分の気持ちになる
それが彼岸ということではないだろうか・・・
 「何事でも、かたくなに
 自分の立場に固執することなく、
 ぐるりと廻って反対側の立場に立ってみる」
こちら側から見て腹の立つ事柄でも
ぐるりと廻って相手の立場に立ってみれば
なるほどそうだったのかと
笑って受けとれることも沢山ある
対人関係の感情問題など
全てそうだといっても
過言ではない。
仏教ではこの世の中を
娑婆(思いどおりにならないところ)
というように
悲しみや苦しさが人生の
実相(すがた)といっていいが
それとても同じことで
自分の側からばかりみて
それに間違いないと思い込んでしまうから
やりきれない絶望に陥るわけで
それをひっくり返して考えれば
そのやりきれなさがそっくりそのまま
あかるい楽しさに変ずることもある。

さて、みなさんは
彼岸に何を修行されますか・・?

  


「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 16:09 │住職日記
2016年08月26日





大切なご先祖さま
あの世に
迷わず、お帰り下さいませ









毎年
精霊送りの時
少し寂しくなるような・・・・
気が致します
それは
私だけかな・・・?

  


「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 20:34 │住職日記
2016年08月26日
山門大施食会
8月4日に修行いたしました





今日は
お小僧さんも
お手伝いです







  


「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 20:25 │住職日記
2016年07月23日
境内地にあります
極楽園 (蓮池)には
役員様の懸命なる
管理の中で
今年も,
蓮が咲きました






蓮の花言葉は
「清らかな心」と「休養」であり
「清らかな心」とは泥水を吸い上げながらも
美しい花を咲かせることに由来します。
「休養」とは、午前中に咲いた花が
午後には閉じてしまう様子を表したものです。






ヒンドゥー教の神話や聖典には
泥の中から茎を伸ばして
花を咲かせる蓮の様子が
清らかに生きることの象徴として
たびたび登場します。このイメージは
仏教にも継承されていきます。
仏教では
智清や慈悲の象徴とされ
死後の極楽浄土に
咲く花として親しまれました
そのため、如来像の台座や
仏像を安置する厨子という
仏具の扉に花が彫られています。
このような宗教的背景から
インド、スリランカ、ベトナムでは
国花とされ、今でも多くの人に愛されています。

  


「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 16:55 │住職日記
2016年07月16日
7月15日 午後8時より
精霊送り(送り火)
行いました







来月は
8月15日 午後8時より




  


「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 07:22 │住職日記
2016年07月05日
7月1日~3日
夜施食会・子供坐禅会でした







たくさんの子供も
一生懸命、坐禅をおこないました。












  


「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 11:31 │住職日記
2016年06月08日
「日は昼を照らし 月は夜を照らす」







私達は、太陽の恵みから
派生する諸々の自然の
恵みを得ている
月も闇夜から解放して
人々に安らぎを
与え続けている
当たり前のことを
あたり前だと
安易に受け流すことなく
当たり前こそ
実はとんでもなく
ありがたいことだと
感謝しなければいけない
当たり前のことを
あたり前だとは安易に
受け流すことなく
当たり前こそ実はとんでもなく
ありがたいことだと思える
そんな思いが出来
感謝できるときこそ







「日は昼を照らし、月は夜を照らす」の
精神が真にわかるのかもしれない。
  


「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 13:56 │住職日記
2016年05月02日
今まさに、境内地には
つつじが咲き誇っています。




あるとき
園児が一人、
枯れかかった花を持って
「花さん、どうもありがとう」と言って
ポイと捨てました
その行為に、
その子を呼びとめて尋ねてみました
「いつもそうしてるの?」
するとその子は、
「そうよ、お母さんはいつも、
そうしてるのよ
だって花はきれいに咲いて
みんなを嬉しくさせてくれたんだもの
だからお礼を言って捨てるの」
こう言ったのです




生きとし生きるもの
全てに感謝する事を
忘れてはいけないものですね・・・


  


「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 15:39 │住職日記
2016年04月26日
今年の『弘法さま』のお命日は
4月27日 (3月21日) 旧暦






この日は、子供はお参りに行くと
お菓子がいただける
なんで?
このいわれは
弘法大師空海は海を越え、
唐へと渡り、順宗帝に招かれました。
その時、
亀甲形をした、“あるお菓子”
が出されたそうです
見たことも無く食したことも無い
その菓子は
パリパリと触感も良く
とても美味しかったようです
空海は、
丁寧逐一そのお菓子の
製法を教えてもらい
ふるさとへ帰国後
山城国に住む
“小倉の里の和三郎”という人物に伝え
未知の菓子の製法を伝授された和三郎は、
葛根(カッコン)と米粉に、
果実の糖液を混ぜて焼き
苦心の末、完成
苦労の甲斐あって、
この菓子は上流階級・朝廷貴族の間で広まり
ただ、その頃は庶民にはとても
手が届かない高級菓子でした
しかし、これは日本の
「煎餅」のルーツとされています。
弘法大師(空海)の
生きていた時代は飢饉が多く
そこで弘法大師が
『自分一人ではなく
貧しい人にも分け与えよう。』と
説いて回ったことが由来
とされている、ようです。
ただお菓子をいただける1日!
そうではなく・・・
“お互いさま”の精神でしょうね
それを子供が覚える
一つのきっかけになるとより良いですね
  


「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 06:55 │住職日記
2016年04月09日




当山に保管されていた古文書によれば
およそ五百五十年程前の昔
この地に「はやり病」が起こり
人々は苦しみ
村人達は死に恐れ困窮の最中
旅の修行僧あり
村人達は
この地に留まり寺を建立し
この病気を鎮めてくれるよう懇願した。
旅の僧は、村人の心を
察し哀れみ願いを聞きいれた。
寺の建立する場所を
思案しているとき
今は「白龍池」と呼ばれる
池より白い龍が天に昇り
「ここに寺を建てよ」と示した。
池の辺に寺を建て、鎮守様を祀り
こぞって祈願したところ
村人を救ったと記録にあり。
寺の名称を「後田山・白龍寺」と称したが
後に「白龍山・瑞雲寺」と改名した。
今も、この「白龍池」には絶えることなく
水が湧き出て池を潤している
水飢餓と云われる年ですら
人々の水の難儀を救ってきた。




「白龍池」の御神体は
白龍弁財天をお祀りし
現在では寺の山門繁栄
人々の無病息災・家内安全・交通安全
並びに学術芸術の神
福徳円満にして美人の神として信仰されている。
当山の年中行事として
鎮守様大祭として行っている。
  


「住職日記」カテゴリーを一覧で見る

Posted by 白龍山 瑞雲寺 at 20:40 │住職日記